ジョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2011夏 J1第22節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島

 8/20(土) J1第22節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島。8/17(水)のセレッソ大阪戦からの中2日での試合。

 一週間試合が空いた広島に運動量で負け前半から押されまくりの展開。ゴールポストに2度も助けられ何とか0-0で前半を終了。後半、セットプレーから岩政選手のヘディングシュートで先制、更にフェリペ選手の負傷により途中出場した興梠選手のセンターリングから大迫選手の半端ないポストプレー、野沢選手のキーパーを外しゴールマウスへパスするような正確なシュートで2-0で勝利。

 これで5連勝。首位ガンバ大阪の勝ち点44にぴったりつける5位34点。リーグ終盤の9連勝により最大勝ち点差10をひっくり返し逆転優勝した2007年が思い出される。あるぜ、奇跡の大逆転メイクラブ2011。