車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2012秋 歯科検診とか玉置浩二「OFFER MUSIC BOX」とか

 10/6(土)3ヶ月ごとの歯科検診。なんと虫歯が3箇所も見つかってしまった。3ヶ月前は1本疑わしいのがあるだけだったのに。以前より丁寧に磨くようにして職場での食後とか定時後の飴玉もやめたりと気をつけていたのでとてもショッキングだ。3週間後に型を取って、その2週間後に治療が始まる予定。鹿島アントラーズも弱くなったし、森内名人も本気を出してくれないし、わびしい秋だ。

 今は10月末の玉置浩二さんのニューアルバム「OFFER MUSIC BOX」の発売だけが楽しみだ。今まで他のアーティストに提供してきた楽曲の中から、本人が特に思い入れの深い楽曲を選びだし、自身でアレンジから練り直し、レコーディングしたものとのこと。実は玉置さんはボーカリストとしてはもちろん(ナンシー関さん曰く男版の「ディーバ」)、作曲家としても天才で良い曲がありすぎるのです。セルフカバーは出さない人だったが、考えが変わったのか大人の事情か分からないがファンとしては嬉しい。特に「悲しみよこんにちは」は個人的に20年近く前から玉置さんバージョンを聞きたいと思っていた。(斉藤由貴さんバージョンもオープニング曲にもなっていた「めぞん一刻」とも相まって胸キュンな感じで好きです)

 収録予定楽曲(曲順未定)は、
・香西かおり「無言坂」
・V6「愛なんだ」
・TOKIO「NaNaNa (太陽なんていらねぇ)」
・中森明菜「サザンウィンド」
・小林麻美「哀しみのスパイ」
・ビートたけし「嘲笑」
・川越美和「夢だけ見てる」
・GAO「『月』に吠える 朝」
・亀淵友香「どこからきたの」
・桃乃未琴「大切なコト」
・斉藤由貴「悲しみよこんにちは」

 公式のダイジェストビデオを毎日、20回くらい見ている。早くフルで聞きたい。今の玉置さんは精神面でも安定しているようなのでテレビとかにももっと積極的に出て欲しい。なんとかこれを楽しみにしばらく生きていけそうだ。