車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2020早春 連続ドラマ評「ハッピー・バレー 復讐の町」(シーズン1~2)

僭越ながらAmazon Prime Videoで観た連続ドラマの評価とかです。今年Amazon Prime Videoで観た連続ドラマの7作品目です。
(Amazon Prime加入はこちらから ⇒ Amazon Prime )

ドラマ「ハッピー・バレー 復讐の町」のシーン
(画像引用元:株式会社スーパーネットワーク公式サイト

(1)作品:ハッピー・バレー 復讐の町
(2)制作国:イギリス
(3)公開年:2013年(シーズン1)、2015年(シーズン2)
(4)エピソード数、時間:全6話/シーズン、50分~53分/話(シーズン1)、57分~60分/話(シーズン2)
(5)出演者:サラ・ランカシャー、ジェームズ・ノートン、シヴォーン・フィネラン、チャーリー・マーフィー、ジョージ・コスティガン、スティーヴ・ペンバートン、他
(6)作品概略
・シーズン1
 イギリスのハッピー・バレーという田舎町を舞台とした話。主人公の女性巡査部長キャサリン・ケイウッドは娘のベッキーを自殺でなくしている。ベッキーはレイプされてできた子供ライアンを産んで6週間後に自殺したためである。この町で起こった誘拐事件をキャサリンらが捜査する。
 以下、さらに補足(部分的にネタバレあり)。
 キャサリンをレイプした犯人トミー・リー・ロイスが刑務所から出てきてまた犯罪を犯す。その引き金を引いたのは企業の経理担当の男性ケビン・ウェザリル。ケビンは娘を学費が高い学校に通わせたいと考え、昇給を経営者ネビソンに頼むが保留される。その後日、ケビンは家族と行ったキャンプ場でその経営者の男性アシュリーが違法薬物を扱っているところを見かけてしまい、逆にアシュリーに脅される。ケビンは身を守るためにもネビソンに昇給を保留された仕返しとしてネビソンの娘アンの誘拐をアシュリーに提案する。その後、ケビンはネビソンから娘の学費支援の提案と留守中の会社経営の代理を依頼されたため、誘拐をやめさせようとするがもう止められなくなり、誘拐実行犯ロイスらがむちゃくちゃする。
・シーズン2
 シーズン1と同じキャスト・設定の続編で別の連続殺人事件を扱う。
 以下、さらに補足(部分的にネタバレあり)。
 捜査課の男性ジョンが愛人ビッキーに別れを告げるが、薬を盛られて意識を無くした状態で撮られた写真をネタに金を要求される。困ったジョンはビッキーから証拠品を回収しようとするが失敗し、衝動的に殺害してしまう。そこでジョンは自ら捜査の一員となっている前述の連続殺人事件の一つに偽装する。
(7)感想
 シーズン1も2もとても良い出来で、両シーズン6話とも早いペースで観た。重く、暗い話だが救いを求めて観続けた。犯罪被害者と遺族の苦しみ、特にそれによる遺族の関係の崩壊が痛々しく描かれていた。
 シーズン1は誘拐を持ちかけた後に中止させたいが実行犯を抑制できなくなるところ及び女性警官が捜査するところが好きな映画「ファーゴ」のような設定だった。
 主人公キャサリンの見た目が普通のどこにでもいそうな中年女性でリアリティがあった。脇役に男前、美人の役者を適度においてバランスをとっていた(?)。
 犯人側に良心を残した人間がいたのはわずかな救いになった。
 シーズン2では犯人ジョンが偽装工作でうまく逃げきれそうになったり、それが一転して追い詰められていくところがハラハラして楽しめた。
 連続殺人犯の生い立ち、その母親が切なかった。その前のいじめれている理由も最後に分かり切なかった。
(8)個人的評価:★★★★★ (シーズン1~2まとめて)
(Amazonレビューは2020年2月現在、シーズン1:★4.5個(レビュー数17)、シーズン2:★5個(レビュー数19)

 以上、「ハッピー・バレー 復讐の町」(シーズン1~2)のレビューでした。