車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2020夏 ドラマ評「リリントン・プレイス エヴァンス事件」(シーズン1)

僭越ながらAmazon Prime Videoで観た連続ドラマ「リリントン・プレイス エヴァンス事件」(シーズン1)の評価とかです。2016年に公開されたイギリスのドラマです。1949年に実際に起こった冤罪事件を元にしたものです。(Amazon Prime加入はこちらから ⇒ Amazon Prime ) 

ドラマ「リリントン・プレイス エヴァンス事件」の紹介画像
(画像引用元:Amazon Prime Videoサイト)

(1)作品:リリントン・プレイス エヴァンス事件 (原題:RILLINGTON PLACE ) (シーズン1)
(2)制作国:イギリス
(3)公開年:2016年
(4)エピソード数、時間:全3話/シーズン、52分/話
(5)キャスト(出演者):ティム・ロス、サマンサ・モートン、ニコ・ミラレグロ、ジョディ・カマー、他
(6)作品概略、あらすじ(序盤のみ)
 1949年のロンドンのリリントン・プレイスで実際に起こった冤罪事件を扱った作品。この事件で冤罪を被ったのはティモシー・ジョン・エヴァンスであり、死刑制度廃止のきっかけともなり、「エヴァンス事件」と呼ばれている。
 ジョン・レジナルド・クリスティ(愛称レッジ)(ティム・ロス)は妻エセル(サマンサ・モートン)から姿を消していたが9年ぶりに連絡を取り再び一緒に暮らすようになる。エセルは優しいレッジとの生活に幸せを感じていたが、次第にレッジの本性を知っていく。

< ↓ 第1話 予告編 (YouTube - BBC チャンネル) >

(7)感想
 部分的にネタバレあり。
 事実に基づいた作品であり、映画の紹介文を読んで作品の大まかな展開が読めるし暗い気分にもなるが興味を持って観れた。ただし、展開が読みやすいうえに各エピソードの冒頭と終わりの予告でネタバレ画像があったのは親切すぎた。ネタバレ画像はあったのに本編では省略されていた(元々そのつもりだったのかも)シーンもあった。
 冤罪ではあったが、エヴァンスにも非があるところが悲しかった。
 犯行場面はかなり省略されていて生々しくはなかった。事実に基づいているので配慮があったのかも。
 最後はあっさり捕まってちょっと物足りなかった。どうやってばれたのかとか警察の活躍とかもうちょっと詳しく観たかった。フィクションならもっと面白おかしくしたと思われ。
 アーサーが妻ミュリエルのものと同じコートをクリスティの家で見つけたとき、エセルが自分のものだと言ったが、エセルが嘘をついたのか、本当にエセルのコートだったのか(視聴者を驚かす演出だったのか)、よく分からなかった。いろいろ想像させられてよい演出だと思った。まさかそこまでは事実ではないとは思う。
(8)個人的評価:★★★★☆(Amazonレビューは2020年7月現在、シーズン1:3.6個(レビュー数6))
(9)登場人物/役柄/役者
主要な登場人物を役名/役柄/役者の順でネタバレをなるべく避けてメモしておく。
●ジョン・レジナルド・クリスティ(愛称レッジ)/連続殺人犯。若くて綺麗な女性を襲う。職業は警官、後に郵便局員(結局ならずに無職かも?)。/ティム・ロス(Tim Roth)。
●エセル・クリスティ/レッジの妻。9年ぶりに連絡をよこしたレッジと共に暮らす。職業はよく分からなかったが、勤め先で作業的にタイプを打っている。/サマンサ・モートン(Samantha Morton)。
●ティモシー・ジョン・エヴァンス(愛称ティム)/レッジとエセルの住む借家の上(2階)に妻子と共に越してきた男性/ニコ・ミラレグロ(Nico Mirallegro)。
●ベリル・スーザン・エヴァンス/ティムの妻/ジョディ・カマー(Jodie Comer)。
●ジェラルディン/ティムとベリルの娘(赤ちゃん)。
●アーサー/レッジの友人(?)の男性/クリス・レイリー(Chris Reilly)。
●ミュリエル/アーサーの妻/サラ・クイントレル(Sarah Quintrell)。
●ハリー/エセルの兄/クリストファー・ハセラル(Christopher Hatherall)。
●ジャニス/ハリーの妻、すなわちエセルの義姉/ソニア・カシディ(Sonya Cassidy)。
●?/ティムの母。クリーニング会社?に勤務。
●ヴァイ/ティムのおば/ニア・ロバーツ(Nia Roberts)。
●?/ヴァイの夫、すなわちティムのおじ。
●ブラウン/エヴァンス一家が去った後にレッジとエセルの部屋の上に越してきた男性/ケビン・マテュリン(Kevin Mathurin)。
●オデス/レッジとエセルのかかりつけの医師/ティム・ベンティンク(Tim Bentinck)。
●リナ/レッジに騙されてレッジが住む家(借家)を買う予定で見に来た女性/エリン・アームストロング(Erin Armstrong)。
●アレックス/リナの夫/トビー・ウォートン(Toby Wharton)。
●ジュディ/レッジとエセルが飼っている犬。
(10)学んだこと(ワンランク上のおっさんになるために)
世界各国の死刑制度の採用状況を地図にまとめたサイトがあったので貼っておく。

死刑制度採用国と廃止国を現した地図
(画像引用元:GNVサイト )

 以上、「リリントン・プレイス エヴァンス事件」(シーズン1)のレビューでした。