車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2020秋 ドラマ評「埋もれる殺意~26年の沈黙~」(シーズン2)

僭越ながらAmazon Prime Videoで観た連続ドラマ「埋もれる殺意~26年の沈黙~」(シーズン2)の感想とかです。2017年公開のイギリスのドラマです。(Amazon Prime加入はこちらから ⇒ Amazon Prime ) 

ドラマ「埋もれる殺意~26年の沈黙~」(シーズン2)の紹介画像
(画像引用元:Amazon Prime Videoサイト)

(1)作品:埋もれる殺意~26年の沈黙~ (原題:UNFORGOTTEN) (シーズン2)
(2)制作国:イギリス(ITV)
(3)公開年:2017年
(4)エピソード数、時間:全6話、45分~46分/話
(5)キャスト(出演者):ニコラ・ウォーカー、サンジーヴ・バスカー、マーク・ボナー、他
(6)作品概略、あらすじ(序盤のみ)
 ロンドン北東部の川から引き揚げたスーツケースの中から腐敗した遺体が出てくる。女性警部のキャシー・スチュアート(ニコラ・ウォーカー)は遺留品の腕時計を手掛かりとして部下を指揮して捜査する。その遺体は26年前に疾走した男性だった。そして複数の容疑者が浮かび上がる。
 なお、本作品は「埋もれる殺意」のシーズン2であり、シーズン1は「埋もれる殺意~39年目の真実~」である。

< ↓ 予告編 (YouTube - ITV チャンネル) >

(7)感想
 部分的にネタバレあり。
 シーズン1が楽しめたのでシーズン2も初めから安心して観て最後まで期待通り楽しめた。
 冒頭から遺体の発見があり、それからしばらく遺体の身元調査と並行して、関係性が分からない複数の人物の日常生活が描かれる。通常ならイライラしがちなもったいぶった展開だが、シーズン1での信頼もあり本作品では興味深く観続けられた。そしてつながりが分かってくると更に面白くなり、最後まで楽しめた。
 捜査が進むにつれ、遺族や同情できる事情があった犯人やその家族らも苦しむところが悩ましかった。このまま真実が分からず失踪のままの方が皆幸せだったのではないかとか考えた。
 シーズン1は39年前の事件捜査ということで登場人物も老人が多くちょっと暗い雰囲気だったが、シーズン2は26年前の事件捜査ということで全体的に少し若く暗い雰囲気は減った。
 本シリーズは特別に天才的なひらめきを持っていたり癖の強い刑事が出てこないが、基本的に皆が常識的でまじめである。特に警部のキャシーがリーダーシップを発揮しながらも情緒が安定していて一担当者としても地道に捜査していくキャラが好感が持てる。そしてストーリーもしっかりしているので変なストレスがなく楽しめた。

(シーズン1の感想とかはこちら ⇒ 2020春 ドラマ評「埋もれる殺意~39年目の真実~」(シーズン1) )

(8)個人的評価:★★★★★
(Amazonレビューは2020年9月現在、3.9個(レビュー数21))
(9)登場人物/役柄/役者
主要な登場人物を役名/役柄/役者の順でネタバレをなるべく避けてメモしておく。

(↓警察とその家族とか)
キャシー・スチュアート/女性警部。本事件を取りまとめながら一担当者としても捜査する。夫を亡くしている。/ニコラ・ウォーカー(Nicola Walker)。
サニー・カーン/男性警部補。キャシーの片腕。離婚して二人の年頃の娘と暮らしている。再婚(交際?)相手を探している。/サンジーヴ・バスカー(Sanjeev Bhaskar)。
マーレー・ボールティング/男性巡査部長/ジョーダン・ロング(Jordan Long)。
フラン・リングリー/女性巡査/キャロライナ・メイン(Carolina Main)。
ジェイク・コリアー/男性巡査/ルイス・リーヴス(Lewis Reeves)。
アダム/キャシーの息子/ジャッサ・アルワリア(Jassa Ahluwalia)。
マーティン/キャシーの父親。キャシーと同居。妻を亡くしている。/ピーター・イーガン(Peter Egan)。

(↓事件関係者とかその1)
デヴィッド・ユアン・ウォーカー/川に沈んだスーツケースから遺体として出てきた男性/ダニエル・ゴズリング(Daniel Gosling)。
パトリック・スミス/時計修理店の男性。遺留品の時計について調べる。/エリック・カート(Eric Carte)。
ネイサン/アダムの友人の男性。デヴィッドの遺留品のポケベルの記録を復元する。/ボビー・ロックウッド(Bobby Lockwood)。
ジェームズ・グレゴリー/デヴィッドの友人だった男性。

(↓事件関係者とかその2)
テッサ・ニクソン(旧姓テッサ・ウォーカー)/デヴィッドの元妻。警部補(キャシーらとは別の警察署)。/ロレイン・アッシュボーン(Lorraine Ashbourne)。
ジェイソン・ウォーカー/デヴィッド、テッサの息子。内向的な性格。/ウィル・ブラウン(Will Brown)。
ポール・ニクソン/テッサの再婚相手の男性/ダグラス・ホッジ(Douglas Hodge)。
ベッカ・ニクソン/ポールの連れ子。15歳の少女。
キャス/ジェイソンと同じアパート(?)に住む女性。ジェイソンを気にかけている。/プライオニー・ハナー(Bryony Hannah)。

(↓事件関係者とかその3)
コリン・エリオット・オズボーン/刑事事件弁護士の男性。サイモンと同性婚している。/マーク・ボナー(Mark Bonnar)。
サイモン・オズボーン/コリンと同性婚している男性/チャーリー・コンドゥ(Charlie Condou)。
フローラ/施設に預けられた少女。コリンとサイモンが養子にしようとしている。二人になついている。
タイラー/フローラの実の母の交際相手の男性。コリンの弱みにつけこみお金をせびる。/ジョセフ・アルティン(Josef Altin)。
ジャネット/養子縁組のスタッフ(?)の女性。/エマ・カニフ(Emma Cunniffe)。
マリア・ゴンザレス/銀行員時代のコリンを性的暴行で訴えた同僚の女性。

(↓事件関係者とかその4)
マリオン・ケルシー/女性看護師。エリースの妹。48歳。/ロージー・カヴァリエロ(Rosie Cavaliero)。
エリース/マリオンの姉/ホリー・エアード(Holly Aird)。
トニー・ケルシー/マリオンの夫/ナイジェル・リンジー(Nigel Lindsay)。
ゾーイ/がん患者の17歳の少女。マリオンを慕っている。/ジョディー・タイアック(Jodie Tyack)。
シニード・クイーン/IRA(アイルランド共和軍)の女性。マリオンと昔、同棲していた。/マイレッド・マッキンリー(Mairead McKinley )。

(↓事件関係者とかその5)
サラ・マームード(旧姓サラ・アラジ)/高校の女性教師。別の学校の校長に応募している。元売春婦。/バドリア・ティミミ(Badria Timimi)。
ハッサン・マームード/サラの夫/アディール・アクタル(Adeel Akhtar)。
サミュラ・カーン/サラの売春婦時代の親友の女性。

 以上、ドラマ「埋もれる殺意~26年の沈黙~」(シーズン2)のレビューでした。