車椅子ユーザージョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2020冬 ドラマ評「トゥルース・シーカーズ ~俺たち、パラノーマル解決隊~」(シーズン1)

僭越ながらAmazon Prime Videoで観た連続ドラマ「トゥルース・シーカーズ ~俺たち、パラノーマル解決隊~」(シーズン1)の感想とかです。2020年公開のイギリスの作品です。(Amazon Prime加入はこちらから ⇒ Amazon Prime ) 

ドラマ「トゥルース・シーカーズ ~俺たち、パラノーマル解決隊~」の紹介画像
(画像引用元:Amazon Prime Videoサイト

(1)作品:トゥルース・シーカーズ ~俺たち、パラノーマル解決隊~ (原題:Truth Seekers) (シーズン1)
(2)制作国:イギリス(Amazon Prime Video)
(3)公開年:2020年
(4)エピソード数、時間:8話、25分~33分/話
(5)キャスト(出演者):ニック・フロスト、サムソン・カヨ、エマ・ディダンド・アーシー、他
(6)作品概略、あらすじ(序盤のみ)
通信会社の男性技術者ガス・ロバーツ(ニック・フロスト)は趣味で「トゥルース・シーカーズ(真実の探求者)」と名乗りYouTubeで動画を配信しながら心霊現象の調査をしている。ガスは男性上司デイブ(サイモン・ペッグ)の指示で新人の男性エルトン・ジョン(サムソン・カヨ)とコンビを組むことになる。

< ↓ 予告編 (YouTube - Amazon Prime Videoチャンネル) >

(7)感想
 部分的にネタバレあり、また、批判的な感想が多いのでもしあれでしたらすみません。

 アマゾンで高評価レビューが多く、期待して最後まで観たが自分には合わなかった。会話などは軽いジョークが多くクスッとくるところもあるが、全体としては割と本気っぽいサスペンス的な展開だった。しかし、その展開が面白くないのにリアリティーもないし。もったいぶった演出も多いし(ガスが妻エミリーの話題を避けたり、アストリッドがなかなかガスたちに合流せず隠れたりするハラハラシーンとか)。一流の通信技術者のガスが心霊現象に対しそれを有効活用するわけでもないし。下ネタがあり子供対象作品でもなさそうだし。
(8)個人的評価:★★☆☆☆
(Amazonレビューは2020年12月現在、4.4個(レビュー数41))
(9)登場人物/役柄/役者
主要な登場人物を役名/役柄/役者の順でネタバレをなるべく避けてメモしておく。
ガス・ロバーツ/通信会社スマイル社の技術者の男性。47歳。妻エミリーを亡くしている。父リチャードと暮らしている。/ニック・フロスト(Nick Frost)。
エルトン・ジョン/スマイル社の新入社員の男性。ガスの相棒となる。/サムソン・カヨ(Samson Kayo)。
デイブ/ガス、エルトンの上司の男性/サイモン・ペッグ(Simon Pegg)。
アストリッド/幽霊に悩まされる女性/エマ・ディダンド・アーシー(Emma D'Arcy)。
リチャード/ガスの父/マルコム・マクダウェル(Malcolm McDowell)。
ヘレン/エルトンの姉。精神を病んでいて大勢の人がいるところに行けない。/スーザン・ウォコマ(Susan Wokoma)。
エミリー・・ロバーツ/ガスの亡妻/ロザリー・クレイグ(Rosalie Craig)。
ピーター・トインビー/何か企んでいる博士の男性/ジュリアン・バラット(Julian Barratt)。

 以上、ドラマ「トゥルース・シーカーズ ~俺たち、パラノーマル解決隊~」(シーズン1)のレビューでした。