ジョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2011春 脊髄損傷者がダンベルで筋トレを再開しました

 半年ぶりに筋トレしました。私は脊髄損傷(L1)で腰から下が完全麻痺です。ということで上半身の力に頼って生きていかなければなりません。受傷してリハビリして退院してからも筋トレを続けていたのですが、お尻に床ずれが出来たので中断していました。ちょこっと落ち着いてきた感じがしてきたので筋トレを再開しました。

 ダンベルプレスを右腕は25kgを17、9、6回。左腕は17.5kg30、12、10回。床に寝て、片腕ずつ。左腕も骨折で少し不自由になったので弱めです。

ダンベル 

 車椅子で一人やもめ暮らしをしていると普段はなんでもないことでも、体調をくずすと大変なことが多々あります。特にシャワーとか着替えとか。そういうときに備えてせめて筋力には余裕が必要なわけです。あと、気持ち悪くない程度にマッチョでひしきまったボディで異性の気も引きたい、というスケベ心もあるわけです。