ジョナサソのおまけの人生

脊髄損傷を負い車椅子利用者になった男やもめの一人暮らしとか

2019秋 第69回NHK将棋トーナメント 木村一基王位vs森内俊之九段

 明日11/17(日)のNHK将棋トーナメント2回戦14局は将棋ファンなら誰もが待ちに待った森内九段の登場である。相手は木村王位、解説は佐藤天彦九段、司会は藤田綾女流二段。NHK教育で放送時間は10:30~12:00。

 森内九段は1回戦をシード(永世名人だから?)、木村王位は1回戦で戸部誠七段を破っての本局となる。森内九段の2019年度の成績はここまで4勝6敗、木村王位は17勝14敗(未放映のテレビ対局を除く)。現在、フリークラスの森内九段に対し、木村王位は順位戦はA級で豊島名人との王位戦7局、竜王戦挑戦者決定3局含め、強敵ばかりと戦ってこの成績は素晴らしい。

 しかし、二人の直近の対局は10/3の叡王戦予選で先手の森内九段が勝っている。共に受けが強い。見どころは森内九段が本気を出すかどうかにかかっている。

(11/17対局終了後の追記)

 振り駒の結果、先手は森内九段、後手は木村王位。横歩取りから飛車交換、さらに角交換の激しい展開になった。2筋に木村王位が飛車、角を打ち込んで優位に立ったが、森内九段の受けから反撃開始。森内九段があと一歩というところまで木村王位を追い込んだが、木村王位が受け切って勝ち。
< ↓ 第69回NHK将棋トーナメント 森内俊之九段vs木村一基王位の投了図 >
第69回NHK将棋トーナメント 森内俊之九段vs木村一基王位の投了図

 今日もまた森内九段の本気は見られなかった。それでも今季絶好調の木村王位に対して通常の棋士なら何もできずに終わりそうな展開から惜しいところまで行った。流石である。流れは完全に森内九段に来ている。